買う前にチェック!ドッグフードについて迷う方の必見ポイント



ドッグフードの選び方!迷わないためにも6っの視点を確かめて


選び方

選び方としては、まずは、この「6っの要素を把握」することが大切!健康で長生きするためにも原材料をチェックしてしっかり見極めることから!




ペットフードの目的別とは?ドッグフードの種類について確認


ペットフードの種類

ペットフードは、「総合栄養食・間食・その他の目的食」の目的別に分類、フードには、ライフステージなどに合わせて、さまざまな種類がありますが、基本的に、この目的別に「総合栄養食・間食・その他の目的食」に収まる形です




ライフステージ別(年齢別)ドッグフードの与え方のポイント!


ライフステージ別

犬の年齢に応じてドッグフードを与えるポイントを押さえて!ドッグフードの切り替えるタイミングは、健康状態など個体差があるものの、成長段階で必要栄養素が異なるわけなので、その都度変える必要がある




ドッグフード「成分表」の見かた!適正な成分分析値はどの程度


成分表

保証分析値「タンパク質、脂質、繊維質、灰分、水分」これらの成分を重量比のチェックポイントとは!質が良い原材料を、提供しているドッグフードを見据えながら、成分をチェックして、選ぶ基準として考えてほしいところですね!




ドッグフードの「原産国」に注目!先進国との違いはなにか?


原産国

ドッグフードの「国産・外国産」違いは?ドッグフードに関しては、ヨーロッパなどと比べて非常に遅れていて、基本的には先進国とされるヨーロッパや米国は、ペットに関する法律や規制がありペットフードについても、いくつもの基準が厳しく定められている




ドッグフードの賞味期限!開封後に悪くなったのを見極めるには


賞味期限

ドッグフードを開封したらどれくらいが目安、悪くなったドッグフードを見極めるには!未開封の賞味期限と開封後の期限を確認、ドッグフードの保存・・・品質劣化を防ぐには




ドッグフードの「添加物」ってそんなに悪いもの? そんなに危険


添加物

添加物の項目「甘味料・着色料・発色剤・保存料・増粘安定剤・酸化防止剤・製造用剤」これだけは避けたい危険な物質とは?ドッグフードの原材料に含まれてよく使われているもの一覧




ヒューマングレードのフード!これだけで判断していいの?


ヒューマングレード

ヒューマングレードのドッグフードとは、人間が食べられる素材で作られている「ペットフード」が前提ですが、但し「ヒューマングレード」の基準が決められている訳でないので、あくまでも、メーカー側で自主的に「アピール」として表記されている




ドッグフードの原材料について!把握する点は?チェック項目は


原材料

ドッグフードの危険な原材料とは!注意すべき点はどこを見ればいいの?




グレインフリーのドッグフード!穀物が与える犬への影響は?


グレインフリー

穀物(グレイン)を使わないことで、食物アレルギーの疑いや、消化に不安を感じている方にとって、安心できるペットフードとなる!




犬に小麦(グルテン)は良くないの?誤った知識!理由を教えて


グルテン

ドッグフードでは、近年「グルテンフリー」も目立つが、ほんとうに小麦は問題があるの?誤った知識や誤解から言われてるんじゃないの?小麦アレルギーでない場合でもダメですか?グルテンフリーについてもう少し詳しく教えて!




ペットフードの製造工程!低温低圧に着目HACCPシステムに注目


製造工程

ドライフードを作る際の一般的な製造工程(高温高圧製法)では、何度も高温で熱を加えてしまうことで栄養素が破壊されてしまう!「真空製法やオーブンベイク製法」など「低温低圧調理」に着目してフードの栄養が吸収されやすい形の品質として向上してる!安全面に関しても「HACCPシステム」に注目




ドッグフードの値段の違い!激安フードには(9個)理由がある


値段の違い

値段の差の大きな点(繁栄)は9個ある。低価格帯の多くのペットフードは、原価の安い原材料と大量生産方式の物が主流で「原価の安い穀物を主原料としている!原価の安い副産物をタンパク源にしている!高温高圧で製造して大量生産している!」これに尽きる。




ドッグフードとキャットフード何が違う?デメリットを教えて!


ドッグフードとキャットフード違い

犬がキャットフードを食べても大丈夫?猫がドッグフードを食べても大丈夫?食べると何が問題になるの、デメリットを教えて!栄養バランスが崩れると健康状に問題が!